スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/----:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ポケモンの映画のランキングが遂に完成したので発表する

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:30:31 ID:NTd/tozb0
勿論全部批評つきです。
あくまでも私の個人的な意見なので。

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/09 00:37:11 ID:jTIgy4ZYO
じゃあ俺のランキングな
1エンテイ
2ルギア
3ミュウツー
4ラティアス
5ジラーチ
6セレビィ

理由は>>1と同じでいいや

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:31:02 ID:XV7zpT7T0
主題歌はラティな

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:31:38 ID:Q1P/MUc70
ひとりぼっちじゃない

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:32:41 ID:NTd/tozb0
16位

アルセウス超克の時空へ

神々の戦い最終章と言っておいてあのざまである。前半はディアルガ、パルキア、ギラティナの登場シーンで尺を取り後半は迫力のある戦いが見れると思いきや宇宙を想像したと言われるアルセウスは水銀ごときで戦闘不能
本編のラスボスであるギシンはサトシ、ヒカリにあっけなくやられる。
ヒードランは目立たない。

神々の戦いというのだから、ディアルガ、パルキア、ギラティナ、アルセウスの壮大な戦いが見られると思っていたのにそれもかなり序盤だけ。
ポケモン映画史上稀にみない糞っぷり。
てかポケモンDPはアニメは良いのに映画は大抵糞。

60: 転載禁止 2014/01/09 00:09:01 ID:NaeNqKyh0
5位

ミュウと波導の勇者ルカリオ

数百年の時を経て目覚めたルカリオとサトシの絆を描いた作品。
物語自体ははじまりの樹に連れ去られたピカチュウを助けるためにオルドラン城からはじまりの樹までの旅路を描いたものであり、多くの人は壮大さが足りないと言うだろうが、この作品は非常に内容が濃い作品である。
旅の途中でサトシはピカチュウの出会いや絆を語り、またルカリオのアーロンを愛する確固たる気持ちが強く現れていた。
最後にはルカリオは死ぬことを決意しサトシも協力するがルカリオに阻まれる。

この作品を通して分かることは人間とポケモンは心が通じ合うものなのだ、ということである。

非常に素晴らしい。

65: 転載禁止 2014/01/09 00:15:29 ID:NaeNqKyh0
4位

七夜の願い星ジラーチ

主題歌の補正が大きいが本編自体も文句無しの良い作品である。
人間の行き過ぎた科学技術と出会いと別れをテーマにした作品。
マサトとジラーチの絆を描いており彼らの別れには涙した。正直ポケモンの映画で泣いたのはこれだけである。それほど深く感動した作品だ。
そしてさらにボーマンダと我らのフライゴンの迫力ある戦いには当時中学生であった私は圧巻した。そしてメタグラードンとかいうおっそろしい怪物を生み出した人間の科学技術には恐れをなしただろう。
感動、バトル、ともにGOODな作品である。

73: 転載禁止 2014/01/09 00:23:54 ID:NaeNqKyh0
2位

水の都の護神ラティオスラティアス

正直1位にしようか迷ったがここにおさめた。
1位と2位は本当に僅差である。

これは兄弟愛を題材にした映画。
この映画はもはや批判のしようがない程の素晴らしい作品である。
まず第一に町の雰囲気。ポケモンの映画はサトシ達が新たな町、島、施設に辿り着きそこで物語を展開するというのが基本なのだが、この映画の街は全映画で1番良い雰囲気だと個人的に思う。
さらにラティオスの勇ましさとラティアスの可愛さ。本当にこの2匹の姿には心が安らいだ。

ストーリーは正直バトルが少なめで盛り上がりはラストだけで物足りなさを感じると思うが非常に大人なストーリーで成人を迎えた今になってようやくこの映画の本質が理解できた。

最後の津波を抑えるシーンでは大人になった今でも泣かされてしまう。本当に2匹の兄弟愛が強く感じられた。
ラストの口づけのシーンもラティアスなのか、カノンなのか考えるだけでワクワクしてしまう。

この映画を通して感じた事は何度も述べるように兄弟愛である。兄弟を今すぐにでも大切にしたくなる、そんな作品である。ちなみに主題歌も非常に素晴らしく個人的には全ポケモン映画の中でも上位に入る。


以上を踏まえた上でこの順位。

余談だがポケモンDPのサトシ対タクトの時にラティオスを出したのは今でも許せない。

69: 転載禁止 2014/01/09 00:19:56 ID:NaeNqKyh0
3位

結晶塔の帝王 エンテイ

これは親の温もりを題材にしており、本当に子供向なのかと問い詰めたくなる作品である。
父親として描かれているエンテイは本当に勇ましくたくましかった。たとえ自分がやっていることが間違っていたとしてもミーの幸せのためにならという強い信念がひしひしと伝わる。
さらにこの映画の見所は何と言ってもリザードン対エンテイだろう。今でもサトシの手持ち最強と言われるリザードンと準伝説のエンテイの激しい戦いは私のようなリザードン好きにはたまらないだろう。
さらにタケシやカスミはミーが作り出した幻と戦うことでミーと向き合うという重要な役割を果たしておりかなり良かった。

ミーの寂しさやエンテイのミーを想う気持ち、親子愛が強く伝わってくるこの作品はポケモンの映画歴代でも上位にくることは諸君も納得出来るのではないだろうか。

47: 転載禁止 2014/01/09 00:02:04 ID:NaeNqKyh0
7位

ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィー

この作品はハルカとマナフィーの強い絆を描いた素晴らしい作品。「世の中には2種類の人間がいる~」の名言でおなじみの盗賊団の長ファントムという非常に面白いボスを生み出した珠玉の作品でもある。
さらにこの映画の見所は2つある。
1つ目は何と言っても命をかけて海の秩序を守ろうとしたサトシである。恐らく歴代の作品で1番活躍したのではないだろうか。いやルギア爆誕でも中々活躍したな。
そしてもう1つの見所はハルカとマナフィーの別れだろう。

この映画はもう一度言うがサトシの大活躍と感動的な場面を残した素晴らしい作品である。

44: 転載禁止 2014/01/09 00:00:01 ID:NaeNqKyh0
8位

神速のゲノセクト ミュウツー覚醒

ベストウィッシュの中では1番まともな作品であった。
テーマとしてはミュウツーの逆襲と似ており、命の尊さを題材にしておりサトシの
「いらないポケモンなんているはずないよ」
という言葉には心が響いた。
しかしミュウツーを再登場させたのかと思えば声優も変わり、あの頃のミュウツーではない、また新しい別個体のミュウツーだったということに関しては非常に残念である。
また、サトシの初めてミュウツーを見るような目にはもはや言葉が出なかった。
それらの点が最大のマイナスポイントである。
しかしプラスポイントと言えばミュウツーがゲノセクトを地球外へ連れて行き命について諭すシーンにであろう。そのミュウツーが語っていた事は観る我々側に考えさせるような感慨深い内容であった。

総括して言えば、テーマとしては非常に深いものでメッセージ性があったが個人的には盛り上がりが欠けており、迫力のあるシーンをもっと盛り込むべきではないのかと思った。

37: 転載禁止 2014/01/08 23:54:58 ID:NTd/tozb0
9位

セレビィ 時を越えた遭遇

自然破壊と動物の怒りをテーマにした作品。

他の映画と比べて伝えたいテーマが分かりづらく、子供向け娯楽映画となっている印象だったがそれがポケモンの映画のあるべき姿なのだと思った。

変なテーマを盛り込んでいる訳ではないので、話が一貫されており観やすいといえばそうであるがもう少し迫力というか壮大さが欲しかった。まあこの映画はそういう雰囲気の映画ではないのでこれがベストなのであろう。
所々で自然の大切さや生き物の生死など考えさせられる場面があったのでそこは良かったと思う。
この映画の見所は何と言ってもサトシと幼き頃のオーキド博士、ユキナリとの出会いだろう。時を越えた友情とでも呼ぶべきこの2人の関係には非常に心が打たれた。

しかし全体を通してみれば個人的には少し物足りなさがあったのでこの順位である。

34: 転載禁止 2014/01/08 23:52:05 ID:NTd/tozb0
10位

キュレム対聖剣士ケルディオ

ポケモンの主人公のサトシが活躍しないという意味わからん映画。サトシが活躍するのが序盤だけで後は傍観者。
しかし後半でのケルディオ対キュレムの戦いは今までにない位壮大で迫力があり、作画も良く盛り上がれる場面だった。その点ではかなり良かったのでこの順位。

28: 転載禁止 2014/01/08 23:46:31 ID:NTd/tozb0
11位

氷空の花束シェイミ

反転世界での戦いを描いた神々の戦い第二章。
これは恐らく「感謝」というのがテーマだと思うがイマイチそれが伝わってこなかった。
だが、歴代でも1,2位を争うイケメン、ゼロというきちんとした野望を持ちサトシ達を十分追い詰めた立派なボスがいたため評価できる。彼の最後の言葉
「僕の美しい計画が…消えてゆく…」
は何人の人の心に響いただろうか。
また生意気なシェイミと破天荒なギラティナ、そして縁の下の力持ちレジギガスと、伝説、準伝、幻それぞれにちゃんと役割があり、どこかのヒードランとは違ってよかった。ただやはりもう少しメッセージ性があって心に響くような作品であって欲しかった。

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:41:01 ID:NTd/tozb0
12位

ディアルガ対パルキア対ダークライ

ポケモンAGから比べるとCGがかなり加えられていたため、ディアルガ対パルキアの戦いには迫力が感じられた。またダークライが周りから勘違いをされながらも健気に戦う姿には感動した。しかしこの感動はそれほどのものではない。
この物語は人を泣かせるというよりは神々の戦いを中心に描いていたため感動が足りなかったのは少し残念。

51: 転載禁止 2014/01/09 00:04:49 ID:NaeNqKyh0
6位

幻のポケモン ルギア爆誕

人間と動物の共存について考えさせられる作品。
ファイアー、サンダー、フリーザーの3鳥が活躍しなおかつ海の神と呼ばれるルギアがいいはたらきをする。これこそがまさに“神々の戦い”ではないだろうか。
カスミのサトシに対する思いが恋愛ではなくライバル心であるということがしっかりと描写されており、また、世界の命運を賭けてサトシが切磋琢磨する姿がしっかりと描かれており心打たれること間違いなし。
サトシがここまでかっこいいのはこの映画とマナフィーの映画である。
この映画はロケット団が活躍するという稀にみない作品で見応えは十分あるだろう。
さらにサトシに他人の世界を尊重することの大切さを説くルギアの姿にはまるでポケモンとは思えない程の印象を我々に与えたであろう。

この映画は非常にメーセージ性があり心に響く素晴らしい作品である。

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:33:44 ID:NTd/tozb0
15位

烈空の訪問者デオキキス

この映画を通して何が伝えたかったのか、結局何がいけなかったのかが分からない作品。
トウイとデオキシスの友情が描かれているもその場面も少ししかなく心も打たれない、淡い友情であった。
デオキシスとレックウザの戦闘シーンも迫力がない。だが主題歌がちょっと好み。

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:33:56 ID:n3Lmbuga0
ピカチュウの夏休みとかが入ってないランキングとか糞

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:35:01 ID:nhtfg3ZZ0
1位はエンティ

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:37:05 ID:wPpyF9ca0
1位はラティオスラティアスだろ

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:37:41 ID:5xcrphuO0
誰がランクつけても安定して上位に食い込むラティ

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:38:46 ID:6IGlMSBH0
やっぱミュウツーの逆襲かルギア爆誕やな

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:38:50 ID:KDmS2VB70
ポケモンしんちゃんドラえもんコナンと長寿アニメの劇場版のクオリティが下がり続けるのはちょっと寂しい

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:39:08 ID:Cu4Rmeka0
ゾロアークまあまあ好きだったのに出るの早いなぁ

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:44:23 ID:pO+/4Sis0
ミュウツーの逆襲は哲学的

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:55:27 ID:5xcrphuO0
>>34
ぶっちゃけテラキだけで勝てただろって思ったのは俺だけじゃないはず

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:53:33 ID:NLm0ALzQO
マジでシェイミの感謝の意味が解らなかった。
映画館で見にくる子供でも理解できるメッセージ性は必要だった。

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:54:56 ID:Y76nIuRr0
ケルディオはいっそのこと
短編みたいにサトシを出さないか、バージルみたいなモブを主演にするとしっくり来るかもね

やっぱサトシ出るからには暴れて欲しい

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/09 00:18:28 ID:M2YIhAa50
マサトがうざいからAGは好きじゃない

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/09 00:18:44 ID:OO8kwUQY0
ケルディオとミュウツー覚醒がそこな時点で共感できない
もっと下

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/09 00:23:16 ID:FMvyDgZJ0
ラティオスとミュウツーしか見たこと無い

78: 転載禁止 2014/01/09 00:26:39 ID:NaeNqKyh0
1位

ミュウツーの逆襲

懐古厨と言ってくれても構わない。
だがこの映画は1位以外ありえない、と私は思っている。
歴代最高の映画であり、命の尊さという子供向け映画にしては非常に重いテーマを題材にした作品である。
1作目の映画にしては非常に難しく当時子供だった私にとっては意味がわからなかった。似たような体験をしたのは私だけではないはず。

この映画の始まりは、ミュウツーの誕生、アイツーとの関わりを描いており、そこでミュウツーは命というものに疑問を抱く。
クローンとして生まれたミュウツーはさらに自分の存在に疑問を抱き、自分という存在を生み出した人間に逆襲することを決意。
「私は誰だ、ここはどこだ
誰が生めと頼んだ!誰が作ってくれと願った!私は私を生んだ全てを恨む。だからこれは“攻撃”でもなく“宣戦布告”でもなく、私を生み出したお前たちへの“逆襲”だ!」
ミュウツーのこのセリフにはこれからサトシ達と対立するボスとしての威厳とどこか寂しさを感じた。

まだ序盤なのにも関わらずこの時点で既に子供だった私は分からないことだらけだった。しかし今では分かる。生への喜びを感じ取れなかったミュウツーにとって“勝手に”自分を“造った”人間が憎くて仕方なかったのだろう、そんな強い思いがひしひしと伝わった。
序盤では命の誕生についてが語られており、終盤では本物とクローンの対立について描かれていた。
ミュウツー対ミュウ、偽物対本物、そんな寂しげな戦いが繰り広げられてる中、本物と偽物のピカチュウが叩き合うシーン、これには私を含め何人の人々が泣かされたのだろうか。恐らくピカチュウ達は本物と偽物が争う事に疑問を抱いていたに違いない。
本物と偽物、そんなの関係ないんだ、同じポケモンなんだ、ということが感じられる。
しかし私が1番泣いたのはニャースが偽ニャースと月について喋っているシーン。月を比喩的に用いてどっちが本物かどっちが偽物かなんてどうでもいい、ということを語っている。これに関しては最高の名シーンと言えよう。
最後にはサトシが身を以てミュウツーに命の尊さを教え、ミュウツーは心を動かされる。
さらに主題歌の「風といっしょに」は戦いを終えて本物と偽物は関係無いということを知り旅に出たミュウツーを表しており、そう考えるとこの主題歌でもまた涙してしまう。

まだまだ言いたいことは沢山あるがこれくらいにしておこう。

総括するとミュウツーの逆襲は「命の尊さ」を教えてくれた歴代最高の映画である。これが全てだ。

懐古厨と言ってくれても構わない。これが私にとって1位の映画である。

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/09 00:27:46 ID:IkFr4cK+O
泣いたのジラーチだけじゃなかったのかよwww

スポンサーサイト

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/09 00:37:11 ID:jTIgy4ZYO
じゃあ俺のランキングな
1エンテイ
2ルギア
3ミュウツー
4ラティアス
5ジラーチ
6セレビィ

理由は>>1と同じでいいや

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:31:02 ID:XV7zpT7T0
主題歌はラティな

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:31:38 ID:Q1P/MUc70
ひとりぼっちじゃない

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:32:41 ID:NTd/tozb0
16位

アルセウス超克の時空へ

神々の戦い最終章と言っておいてあのざまである。前半はディアルガ、パルキア、ギラティナの登場シーンで尺を取り後半は迫力のある戦いが見れると思いきや宇宙を想像したと言われるアルセウスは水銀ごときで戦闘不能
本編のラスボスであるギシンはサトシ、ヒカリにあっけなくやられる。
ヒードランは目立たない。

神々の戦いというのだから、ディアルガ、パルキア、ギラティナ、アルセウスの壮大な戦いが見られると思っていたのにそれもかなり序盤だけ。
ポケモン映画史上稀にみない糞っぷり。
てかポケモンDPはアニメは良いのに映画は大抵糞。

60: 転載禁止 2014/01/09 00:09:01 ID:NaeNqKyh0
5位

ミュウと波導の勇者ルカリオ

数百年の時を経て目覚めたルカリオとサトシの絆を描いた作品。
物語自体ははじまりの樹に連れ去られたピカチュウを助けるためにオルドラン城からはじまりの樹までの旅路を描いたものであり、多くの人は壮大さが足りないと言うだろうが、この作品は非常に内容が濃い作品である。
旅の途中でサトシはピカチュウの出会いや絆を語り、またルカリオのアーロンを愛する確固たる気持ちが強く現れていた。
最後にはルカリオは死ぬことを決意しサトシも協力するがルカリオに阻まれる。

この作品を通して分かることは人間とポケモンは心が通じ合うものなのだ、ということである。

非常に素晴らしい。

65: 転載禁止 2014/01/09 00:15:29 ID:NaeNqKyh0
4位

七夜の願い星ジラーチ

主題歌の補正が大きいが本編自体も文句無しの良い作品である。
人間の行き過ぎた科学技術と出会いと別れをテーマにした作品。
マサトとジラーチの絆を描いており彼らの別れには涙した。正直ポケモンの映画で泣いたのはこれだけである。それほど深く感動した作品だ。
そしてさらにボーマンダと我らのフライゴンの迫力ある戦いには当時中学生であった私は圧巻した。そしてメタグラードンとかいうおっそろしい怪物を生み出した人間の科学技術には恐れをなしただろう。
感動、バトル、ともにGOODな作品である。

73: 転載禁止 2014/01/09 00:23:54 ID:NaeNqKyh0
2位

水の都の護神ラティオスラティアス

正直1位にしようか迷ったがここにおさめた。
1位と2位は本当に僅差である。

これは兄弟愛を題材にした映画。
この映画はもはや批判のしようがない程の素晴らしい作品である。
まず第一に町の雰囲気。ポケモンの映画はサトシ達が新たな町、島、施設に辿り着きそこで物語を展開するというのが基本なのだが、この映画の街は全映画で1番良い雰囲気だと個人的に思う。
さらにラティオスの勇ましさとラティアスの可愛さ。本当にこの2匹の姿には心が安らいだ。

ストーリーは正直バトルが少なめで盛り上がりはラストだけで物足りなさを感じると思うが非常に大人なストーリーで成人を迎えた今になってようやくこの映画の本質が理解できた。

最後の津波を抑えるシーンでは大人になった今でも泣かされてしまう。本当に2匹の兄弟愛が強く感じられた。
ラストの口づけのシーンもラティアスなのか、カノンなのか考えるだけでワクワクしてしまう。

この映画を通して感じた事は何度も述べるように兄弟愛である。兄弟を今すぐにでも大切にしたくなる、そんな作品である。ちなみに主題歌も非常に素晴らしく個人的には全ポケモン映画の中でも上位に入る。


以上を踏まえた上でこの順位。

余談だがポケモンDPのサトシ対タクトの時にラティオスを出したのは今でも許せない。

69: 転載禁止 2014/01/09 00:19:56 ID:NaeNqKyh0
3位

結晶塔の帝王 エンテイ

これは親の温もりを題材にしており、本当に子供向なのかと問い詰めたくなる作品である。
父親として描かれているエンテイは本当に勇ましくたくましかった。たとえ自分がやっていることが間違っていたとしてもミーの幸せのためにならという強い信念がひしひしと伝わる。
さらにこの映画の見所は何と言ってもリザードン対エンテイだろう。今でもサトシの手持ち最強と言われるリザードンと準伝説のエンテイの激しい戦いは私のようなリザードン好きにはたまらないだろう。
さらにタケシやカスミはミーが作り出した幻と戦うことでミーと向き合うという重要な役割を果たしておりかなり良かった。

ミーの寂しさやエンテイのミーを想う気持ち、親子愛が強く伝わってくるこの作品はポケモンの映画歴代でも上位にくることは諸君も納得出来るのではないだろうか。

47: 転載禁止 2014/01/09 00:02:04 ID:NaeNqKyh0
7位

ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィー

この作品はハルカとマナフィーの強い絆を描いた素晴らしい作品。「世の中には2種類の人間がいる~」の名言でおなじみの盗賊団の長ファントムという非常に面白いボスを生み出した珠玉の作品でもある。
さらにこの映画の見所は2つある。
1つ目は何と言っても命をかけて海の秩序を守ろうとしたサトシである。恐らく歴代の作品で1番活躍したのではないだろうか。いやルギア爆誕でも中々活躍したな。
そしてもう1つの見所はハルカとマナフィーの別れだろう。

この映画はもう一度言うがサトシの大活躍と感動的な場面を残した素晴らしい作品である。

44: 転載禁止 2014/01/09 00:00:01 ID:NaeNqKyh0
8位

神速のゲノセクト ミュウツー覚醒

ベストウィッシュの中では1番まともな作品であった。
テーマとしてはミュウツーの逆襲と似ており、命の尊さを題材にしておりサトシの
「いらないポケモンなんているはずないよ」
という言葉には心が響いた。
しかしミュウツーを再登場させたのかと思えば声優も変わり、あの頃のミュウツーではない、また新しい別個体のミュウツーだったということに関しては非常に残念である。
また、サトシの初めてミュウツーを見るような目にはもはや言葉が出なかった。
それらの点が最大のマイナスポイントである。
しかしプラスポイントと言えばミュウツーがゲノセクトを地球外へ連れて行き命について諭すシーンにであろう。そのミュウツーが語っていた事は観る我々側に考えさせるような感慨深い内容であった。

総括して言えば、テーマとしては非常に深いものでメッセージ性があったが個人的には盛り上がりが欠けており、迫力のあるシーンをもっと盛り込むべきではないのかと思った。

37: 転載禁止 2014/01/08 23:54:58 ID:NTd/tozb0
9位

セレビィ 時を越えた遭遇

自然破壊と動物の怒りをテーマにした作品。

他の映画と比べて伝えたいテーマが分かりづらく、子供向け娯楽映画となっている印象だったがそれがポケモンの映画のあるべき姿なのだと思った。

変なテーマを盛り込んでいる訳ではないので、話が一貫されており観やすいといえばそうであるがもう少し迫力というか壮大さが欲しかった。まあこの映画はそういう雰囲気の映画ではないのでこれがベストなのであろう。
所々で自然の大切さや生き物の生死など考えさせられる場面があったのでそこは良かったと思う。
この映画の見所は何と言ってもサトシと幼き頃のオーキド博士、ユキナリとの出会いだろう。時を越えた友情とでも呼ぶべきこの2人の関係には非常に心が打たれた。

しかし全体を通してみれば個人的には少し物足りなさがあったのでこの順位である。

34: 転載禁止 2014/01/08 23:52:05 ID:NTd/tozb0
10位

キュレム対聖剣士ケルディオ

ポケモンの主人公のサトシが活躍しないという意味わからん映画。サトシが活躍するのが序盤だけで後は傍観者。
しかし後半でのケルディオ対キュレムの戦いは今までにない位壮大で迫力があり、作画も良く盛り上がれる場面だった。その点ではかなり良かったのでこの順位。

28: 転載禁止 2014/01/08 23:46:31 ID:NTd/tozb0
11位

氷空の花束シェイミ

反転世界での戦いを描いた神々の戦い第二章。
これは恐らく「感謝」というのがテーマだと思うがイマイチそれが伝わってこなかった。
だが、歴代でも1,2位を争うイケメン、ゼロというきちんとした野望を持ちサトシ達を十分追い詰めた立派なボスがいたため評価できる。彼の最後の言葉
「僕の美しい計画が…消えてゆく…」
は何人の人の心に響いただろうか。
また生意気なシェイミと破天荒なギラティナ、そして縁の下の力持ちレジギガスと、伝説、準伝、幻それぞれにちゃんと役割があり、どこかのヒードランとは違ってよかった。ただやはりもう少しメッセージ性があって心に響くような作品であって欲しかった。

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:41:01 ID:NTd/tozb0
12位

ディアルガ対パルキア対ダークライ

ポケモンAGから比べるとCGがかなり加えられていたため、ディアルガ対パルキアの戦いには迫力が感じられた。またダークライが周りから勘違いをされながらも健気に戦う姿には感動した。しかしこの感動はそれほどのものではない。
この物語は人を泣かせるというよりは神々の戦いを中心に描いていたため感動が足りなかったのは少し残念。

51: 転載禁止 2014/01/09 00:04:49 ID:NaeNqKyh0
6位

幻のポケモン ルギア爆誕

人間と動物の共存について考えさせられる作品。
ファイアー、サンダー、フリーザーの3鳥が活躍しなおかつ海の神と呼ばれるルギアがいいはたらきをする。これこそがまさに“神々の戦い”ではないだろうか。
カスミのサトシに対する思いが恋愛ではなくライバル心であるということがしっかりと描写されており、また、世界の命運を賭けてサトシが切磋琢磨する姿がしっかりと描かれており心打たれること間違いなし。
サトシがここまでかっこいいのはこの映画とマナフィーの映画である。
この映画はロケット団が活躍するという稀にみない作品で見応えは十分あるだろう。
さらにサトシに他人の世界を尊重することの大切さを説くルギアの姿にはまるでポケモンとは思えない程の印象を我々に与えたであろう。

この映画は非常にメーセージ性があり心に響く素晴らしい作品である。

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:33:44 ID:NTd/tozb0
15位

烈空の訪問者デオキキス

この映画を通して何が伝えたかったのか、結局何がいけなかったのかが分からない作品。
トウイとデオキシスの友情が描かれているもその場面も少ししかなく心も打たれない、淡い友情であった。
デオキシスとレックウザの戦闘シーンも迫力がない。だが主題歌がちょっと好み。

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:33:56 ID:n3Lmbuga0
ピカチュウの夏休みとかが入ってないランキングとか糞

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:35:01 ID:nhtfg3ZZ0
1位はエンティ

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:37:05 ID:wPpyF9ca0
1位はラティオスラティアスだろ

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:37:41 ID:5xcrphuO0
誰がランクつけても安定して上位に食い込むラティ

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:38:46 ID:6IGlMSBH0
やっぱミュウツーの逆襲かルギア爆誕やな

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:38:50 ID:KDmS2VB70
ポケモンしんちゃんドラえもんコナンと長寿アニメの劇場版のクオリティが下がり続けるのはちょっと寂しい

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:39:08 ID:Cu4Rmeka0
ゾロアークまあまあ好きだったのに出るの早いなぁ

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:44:23 ID:pO+/4Sis0
ミュウツーの逆襲は哲学的

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:55:27 ID:5xcrphuO0
>>34
ぶっちゃけテラキだけで勝てただろって思ったのは俺だけじゃないはず

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:53:33 ID:NLm0ALzQO
マジでシェイミの感謝の意味が解らなかった。
映画館で見にくる子供でも理解できるメッセージ性は必要だった。

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 23:54:56 ID:Y76nIuRr0
ケルディオはいっそのこと
短編みたいにサトシを出さないか、バージルみたいなモブを主演にするとしっくり来るかもね

やっぱサトシ出るからには暴れて欲しい

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/09 00:18:28 ID:M2YIhAa50
マサトがうざいからAGは好きじゃない

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/09 00:18:44 ID:OO8kwUQY0
ケルディオとミュウツー覚醒がそこな時点で共感できない
もっと下

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/09 00:23:16 ID:FMvyDgZJ0
ラティオスとミュウツーしか見たこと無い

78: 転載禁止 2014/01/09 00:26:39 ID:NaeNqKyh0
1位

ミュウツーの逆襲

懐古厨と言ってくれても構わない。
だがこの映画は1位以外ありえない、と私は思っている。
歴代最高の映画であり、命の尊さという子供向け映画にしては非常に重いテーマを題材にした作品である。
1作目の映画にしては非常に難しく当時子供だった私にとっては意味がわからなかった。似たような体験をしたのは私だけではないはず。

この映画の始まりは、ミュウツーの誕生、アイツーとの関わりを描いており、そこでミュウツーは命というものに疑問を抱く。
クローンとして生まれたミュウツーはさらに自分の存在に疑問を抱き、自分という存在を生み出した人間に逆襲することを決意。
「私は誰だ、ここはどこだ
誰が生めと頼んだ!誰が作ってくれと願った!私は私を生んだ全てを恨む。だからこれは“攻撃”でもなく“宣戦布告”でもなく、私を生み出したお前たちへの“逆襲”だ!」
ミュウツーのこのセリフにはこれからサトシ達と対立するボスとしての威厳とどこか寂しさを感じた。

まだ序盤なのにも関わらずこの時点で既に子供だった私は分からないことだらけだった。しかし今では分かる。生への喜びを感じ取れなかったミュウツーにとって“勝手に”自分を“造った”人間が憎くて仕方なかったのだろう、そんな強い思いがひしひしと伝わった。
序盤では命の誕生についてが語られており、終盤では本物とクローンの対立について描かれていた。
ミュウツー対ミュウ、偽物対本物、そんな寂しげな戦いが繰り広げられてる中、本物と偽物のピカチュウが叩き合うシーン、これには私を含め何人の人々が泣かされたのだろうか。恐らくピカチュウ達は本物と偽物が争う事に疑問を抱いていたに違いない。
本物と偽物、そんなの関係ないんだ、同じポケモンなんだ、ということが感じられる。
しかし私が1番泣いたのはニャースが偽ニャースと月について喋っているシーン。月を比喩的に用いてどっちが本物かどっちが偽物かなんてどうでもいい、ということを語っている。これに関しては最高の名シーンと言えよう。
最後にはサトシが身を以てミュウツーに命の尊さを教え、ミュウツーは心を動かされる。
さらに主題歌の「風といっしょに」は戦いを終えて本物と偽物は関係無いということを知り旅に出たミュウツーを表しており、そう考えるとこの主題歌でもまた涙してしまう。

まだまだ言いたいことは沢山あるがこれくらいにしておこう。

総括するとミュウツーの逆襲は「命の尊さ」を教えてくれた歴代最高の映画である。これが全てだ。

懐古厨と言ってくれても構わない。これが私にとって1位の映画である。

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/09 00:27:46 ID:IkFr4cK+O
泣いたのジラーチだけじゃなかったのかよwww

スポンサーサイト
[ 2014/01/2415:56 ] ネタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onedaysokuhou.blog.fc2.com/tb.php/389-3c785bbd

プロフィール

わんでぃ管理人

Author:わんでぃ管理人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
累計閲覧者
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
広告
おすすめ商品
オススメ


アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。